So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

肝が冷えたこんな事 [(^_^;)]

原付免許・自動二輪免許を高校時代に、その後普通自動車免許を取得し今に至るのですが、ありがたい事に現在まで無事故で過ごしています

しかし、その間全く平穏に公道を走ってこれたわけではなく、ヒヤッとした事は何度かありました。
今回はその中で特に1番肝を冷やした経験をご披露いたします。

それは過去、通勤に車を使っていた頃の事。
毎日走る道は大体いつも同じルート。
そのルートの中間あたりでそれは起こりました。
その頃乗っていたのは四駆のクロカンタイプ車。
走っていた直線道路は途中で下り坂になり、その坂が終わる所の交差点に信号機あり。
坂道が始まる①(下図参照)にかかる所まで来ると先の信号機が青になった。交差点手前に直進車は無く、右折車が4台ほど右折車線にいてその車列に交差点を曲がってきた原付バイクが入っていくのが見えた。
すぐに車の陰でその原付は見えなくなりました。

交差点の少し手前には所謂“抜け道”があり、朝晩の混雑時にそこを出入りする車が多い場所です。自分は普段、その“リスクが大きな抜け道”は使うことはせずに通っていました。実際その出入り口になる場所では何度か事故を目撃してましたし。

メイン道路は二車線になっていて、込んでいる時はそこに入るのも出るのも少し強引にする必要もあるだろうし、その結果不注意なタイミングで事故が起こるのだと思います。

その原付が抜け道に入ろうとしているのはすぐにわかりました。
その時自分の場所から交差点までは約300m程だったと思います。信号が変わらないうちに交差点を通過したいと思うの半分、原付が飛び出してきたら嫌だなと思うの半分で坂を下っていきました。
そんな葛藤もありスピードは少し控えめにしていた。
でもその原付、タイミング的にもうとっくに曲がってきてもいいはずなのに一向に出てきません。

嫌だなという気持ちがいっそう強くなり、

そして事は起こりました。

自分が、丁度原付が隠れた車の所(②)に差し掛かった時、そいつはまるで測ったかのように洒落にならないタイミングで目の前に飛び出してきました

  

運転していれば誰でもそういう反応は起こるでしょう。自分の視界にイレギュラーに動くものが入ってくると反射的にブレーキに足がいく。

次元大介が銃を抜くのにも負けないくらい(だと思う)の反応で右足がブレーキペダルを踏む。すぐさまタイヤがロックアスファルトに無理やり擦りつけられ耳障りな悲鳴を上げる。ほぼ同時にハンドルを左に切る。幸い車は方向を左に変えてくれ、バイクにヒットはしなかった。しかしその次に頭をよぎったのは「ガードレールに突っ込むか」という言葉

こんな事ほんの数秒の間に考えているのですから不思議です。

その時の車には今時は付いてて当然なABSは付いていませんでした。
車が向きを変えてから無意識に、ブレーキペダルをちょんちょんちょんと緩め(自分でABSをしていたようなものですw)、運良く歩道の角、スロープになっていてガードレールがない所に入り、車体の2/3位を乗り上げ、ようやく慣性の法則から開放されました(③)

少し先には蓋のない深めな用水路がありましたので止まれずそこまで行っていたらやばかった。

車、ガードレールには突っ込まず無傷で済みました。

ブレーキを踏んでから止まるまで5秒間くらいだったか。

止まってからしばし呆然。

何気なく抜け道のある左を振り返ると、そこには自殺願望でもあるのかもしれない運転が洒落にならないふざけた原付バイク野郎(ジェットヘルメットから見えた顔は30代後半くらいか)がこっちを見てにやけていました。こういう時すぐさま降りていって「バカヤロー!」とでも言ってやるのが普通でしょうが、そんな気になる前にそのバカヤロウは抜け道に消えていきやがりました。

今もしかしたら自分の不注意で最悪死んでいたかもしれないのに、にやけてる場合か。あんな運転しているようじゃ所詮あいつはやばい。

気を取り直して、バックギアに入れ車を慎重に車道に出し、目的地に向かいましたが、しばらくは震えが止まりませんした。
何とか事故にならずに済みましたがこれは誰かが守ってくれたのかとこの時はつくづく天に感謝をしました

車が乗り上げた歩道、普段はあまり人も歩いていない歩道ですが、その時そこに人がいなくて良かった。

今その時の事を思い出しても、酷いことにならずに良かったありがとうと思えます。
たとえ自分に過失は無くても事故なんて起きたら良いことないですから。

この件については、坂道に差し掛かった時に原付を目視していたのが良かったと思います。目の前に出てきたら嫌だなと思っていたから、コンマ何秒かブレーキ踏む時間も短くなったかもしれません。
下り坂ですから止まるには不利な状況でしたし。

こんな話を聞いたことがあります。
運転中は「だろう」ではなく「かもしれない」と思っていたほうが良いと。
相手が止まるだろうと思わずに止まらないかも知れないと思うべきだと。

そんなことだったろうと思える場面の事故を目撃した事があります。
夜間交差点に差し掛かった時、前に右折待ちの車が一台。自分もその後に止まり待っていました。信号が赤に変わり、右折可の矢印が灯ると前の車が右折開始。しかし、対抗車線を直進してきた車が止まらず突っ込んできてそのまま右折車の左側に突っ込みました

悪いのは信号無視して直進してきた車なのは当然です。

でも多分この時両方の車の運転手が「だろう」だったのだと思います。
「矢印が灯ったから直進車は止まるだろう。」
「自分が止まらないのだから、右折車は出てこないだろう。」
これを「かもしれない」に変えればこの事故は起こらなかったのではないかな。
「直進車は赤でも止まらないかもしれない」と。

右折待ちとかでは気をつけないと、信号が赤でも強引に来るバカヤロウは今時結構いますしね。


これが1番肝を冷やした一件でしたが、この先も出来ることなら事故は起こさないようにハンドルを握っていたいと思うのであります。

急ぐより余裕を持って楽しくドライブ

ポイント失効。あーあ。 [(^_^;)]

昔は体育の日だった10月10日ですね、今日。

1番近くにある映画館ポイントカード。
映画も見に行っていなくずっと忘れていて、さっき思い出して見たら。

   


あらららららー9月2日で有効期限切れてました

60ポイントでポップコーン付きで1回無料で見られたのに

しかも118ポイント貯まってたから、あと2ポイントで2回分だった

いやもう、言葉も無いです

寝よ

魚食人が。。。 [(^_^;)]

あれは事故だったのです。
100%自分の不注意での

自分が今乗っている車、今時流行りの、人が沢山乗れて荷物も沢山積めてっていう箱っぽい形のタイプとは全く逆路線。
昨今の日本では売れないスポーツカータイプでメーカーも昨年生産を止めてしまいました。
でもかっちょ良く(自分ではそう思っています。どこかへ行って駐車場にとめて、少し離れてから振り返って見ると、他の似たような車の中で異彩を放っている景色がとても好きです。それが外国製の高価な車じゃないってところがまたw なんだかナルシストっぽくてすみません)、運転も楽しく、燃費も良いので、買って一年三ヶ月程過ぎましたが飽きることなく乗ってます

   

しかし今回はその積載性の低さが仇となってしまいました。

この車、普通の乗用車のトランクに該当する部分にエンジンが載せてあります。これは究極で言えばF1のようにコーナーを曲がる時にバランスを良くするための処置。しかし、だから、トランクが設けてありません。
荷物を積む部分はシートの後ろに小さめのボストンバック2個程度を収めるられるスペース。
それと普通の乗用車のエンジンが乗っている部分、フロントボンネット内のスペアタイヤを入れてあるボックス内くらいしかありません。


その時、場所は某地下駐車場。
ショルダーバッグとボストンバッグを持っていました。
まずボンネット内にボストンを入れようと車の前に一旦置き、ドアロックを解除(ボンネットは車内からしか開けられません)して、ショルダーを車内へ、そして考え事?していて、そのまま車に乗り込んで、エンジンスタート、発進。
ボストンの事、すっかり忘れてました

少しの間前部でバッグを押したまま走っていたようで、それから何かをタイヤで踏んだ嫌な感触
その時も気がつかず、少し後から走ってきた車がホーンを鳴らした時気がついた。。。

あ 



すぐさま車を降り、後ろに走っていくと、ご親切にその車の方が降りてバッグを拾って手渡してくれました。
「すみません、どうもありがとうございます」と言い、恥ずかしさも混ざりながら急いで車に戻り、ボンネットを開け、中にバッグを押し込んで走り出しました。

家に帰り着いてから、恐る恐るバッグを見る、外見、引きずって轢いてしまったのですから所々すれてしまってる。。。
中身拝見。
入っていたビン、外箱が潰れているが、中は割れていない。
箱潰れているって事はタイヤがばっちり上を通過したってことか
割れなくて良かった。
その他諸々、とりあえず大丈夫そう。

そして1番気になっていたものを取り出し見る。
外観は曲がったり凹んだりしてないようだ。

スイッチオーン!んんん。。。

だめだこりゃ



液晶が壊れて明かりが点くだけで内容表示されません orz(←これ初めて使ってみましたw)
轢かれたとき、そのプレッシャーにボディは耐えた(強い!)のでしょうが液晶は無理だったのですね orz
試しにパソコンに繋いで見るとソニックステージはちゃんと認識して収録内容も表示されました。
音も出ます。
液晶だけがアウト orz

これ多分2年位使っていると思います。
最近また新製品が発表されたようですが、特に不満も無く調子も悪くなくまだ買い換える気は無かったのですが。
悲しいわ


在りし日の魚食人。こんなに元気だったのに。

以前使っていたのがあるのでしばらくはそれを使うことにしますが、気分が乗ったら新しいの買おうか

今回はひとつまた教訓になりました。

「ひとーつ、車の前に荷物を置き忘れて発進するべからず」

そういえば昔、買い物に行き買ってきた小物を車の屋根に一旦置いて、それ忘れて走り出したことがあった。
あの時、あわてて駐車場に戻ったら親切な人が拾って料金所に届けてくれていて助かりました。
これも教訓だった


と書き終わってもう一度パソコンに繋いでみたら、液晶も点かずもう完全に反応しなくなっていました orz (again)

さよなら、A-808
音楽いっぱい聞かせてくれてありがとう

今年は、はずれました。 [(^_^;)]

8月に静岡御殿場富士山の麓にある東富士演習場で行われる「富士総合火力演習」に今年初めて応募してみたのですが、落選通知メールが届きました。

回を重ねるごとに倍率が高くなってきているそうで(特にマイカーで行きたい人は)、なかなか当選するのは難しいそうです。

落選のお知らせ・富士総合火力演習

この度は富士総合火力演習へのご応募ありがとうございました。
厳正な抽選の結果、残念ながら落選されましたので通知いたします。

なんだかさっぱりした通知だこと。
「又来年のご応募お待ちしています」くらい。。。無いのかねー。

行ってみたいなと思ったのは、私たちの多額の税金が防衛費にどんな風に使われているのか、とか戦車見てみたい、とかそこでしか買えないお土産(グッズ)等がある、とかそんな諸々の目的でしたw

8月の暑い時期に行われ、演習場なんて所は日陰なんて無く、雨でも降ればきっと地面は泥でぐちゃぐちゃ、晴れていれば逆に埃っぽい所でしょう。
なので、それなりの装備?をしていかないとまずいでしょうねw
結構疲れそう

   

また来年、覚えていたら応募してみよう

味が濃ゆいらしい [(^_^;)]

知り合いから聞いた話でござい

知り合いの会社に関西から出張にやってきた方がいまして、その方が会社の皆様にお土産にと行列の出来るドーナツ屋で有名なクリスピークリームドーナツを買って帰られたそうです。

私もクリスピーは何度か食べた事ありますが、それなりに美味しいと思っています。

しかーし。
関西遠征したドーナツの評価は。

「こんな濃い味美味しくない!!」
と不評だったそうです

うーん、言われてみると確かに味、濃ゆいかもw


関西の方が全員同じように感じるとは思いませんが、やはり関西方面は薄味が好まれるという事でしょうかね。

クリスピー関西出店の際には、関西向けに薄味にすべきなのかな

   

事故レポート:踏んだのは私 [(^_^;)]

一昨日、お風呂から上がった後の出来事。

髪洗って、顔洗って、体洗って、ああさっぱりと浴室から出ようとしてドアを開けたその時、その事故は起こりました


左足の下、“ぐにゅ”とした感覚あり
え?グミでも踏んだ?
でもそんなの落ちてるわけない。





足を上げて見るとそこには。


   

Oh!Oh!Oh!Oh!Oh!Oh!Oh!Oh!

   

ゴキさんがぁ~

踏んでしまいました。
素足で。
初体験でした。

こりゃ青天の霹靂だぁ

ちなみにこの絵は、たまに飛ぶ事もある黒い羽のあるゴキさんですが、実際事故にあったゴキさんは2cm位の赤茶色した小型のでした。(少しはましか?w)

踏んだ後、見るとなかみが少しはみ出しているがまだゴキさんは動いてました
ゴキさんもいきなり上空から人間の足が降ってくるとは思わなかったことでしょう。

だけどさ、
普段は逃げ足が速いくせに!
ちゃんと避けて欲しいよ!
かんべんしてよー!

その後、また左足を石鹸でごしごし洗いました

しかし、まだあの感触は残っています

きっとこれは何か良い事がある前触れに違いない。。。と思っときましょ

ゴキさんに、合掌。

ビミョー語 [(^_^;)]

ネットを徘徊してましたらちょっと興味深い記事を見かけましたので、内容を一部抜粋させていただき紹介します。

誰にでも口癖等あることと思います。
その口癖になってしまう言葉の中にビミョーな言葉というのがあり、言われた方がはっきりした答えとして受け取れないのでなるべく使わない方がいいだろうということです。

以下の言葉群、確かにこんな風に言われたら良いものではないと思う。特に高飛車系は×だな。

【曖昧系】

●「ウーン、微妙だな」
これだけでは何がよくて何が悪いか不明。例えば「費用対効果が明確で全体的にはいい。あとはこの部分をイラストにした方が説得力が出るだろう」などと、評価する点、改善すべき点を具体的に指摘する

●「難しいな」
返事になっていない。ただ単にめんどうくさがっている、もったいぶっているといった印象に。無理ならばその理由をきちんと説明し、どうすれば可能になるのか提案する。可能性があるなら「難しいけどやってみるよ」と回答ならいいかもしれません。

●「~かもしれない」
歯切れの悪い印象を与えるだけ。「いつも指示があいまい」と部下から嫌われ、上司からは頼りないと思われる。「私はこう思う」と、自分の意見を明確に伝える

●「ちゃんと、アレしとけよ」
アレって何だ? アレだけでは何をすればいいか分からない。仕事以前に訳が分からない人と思われる。「ちゃんとチェックしておけよ」などと具体的に考えてから発言を

●「誰が悪いとは言わんが」
間違った思いやり。特定の人物を責めるわけじゃないと強調するほど、嫌みに聞こえ、当事者以外も不愉快な思いをする。ヘタな前置きはしないに限る


【高飛車系】

●「~するべきだ」
力強いが独善的な主張で反応に困る場合が多い。「そうあらねばならない」と思っているのは、おおむね言っている本人だけ。「オレはそうしたほうがいいと思う」と言われたほうが素直に聞き入れられる

●「何度も申しますように」
理解力に乏しい相手に、やんわりとイラ立ちの意を伝える。煙たがられるばかり。「同じ話の繰り返しで恐縮ですが」とすれば、不快感を与えない

●「オレの若い頃は……」
「昔はよかった(大変だった)」も同様。相手が共有していない経験や武勇伝を持ち出しても共感できない。世代が違う。昔話で楽しむのは同年代に限定。せめてオチをつける

●「~に決まってる」
いつダメと決めたのか不明確。理由も説明せず、力で押し切ろうとすれば、下の人間はついてこない。ちゃんと理由まで説明する

●「~ってものはだね」
「仕事ってものは」「人生ってものは」など、やたらと大風呂敷を広げた抽象論。「教えてやっている」つもりだろうが、聞かされるほうは苦痛なだけ。具体的なアドバイスができないなら、使うべからず

●「要は」
いちいち話をまとめたがるのは、うっとうしいだけ。話をまとめる力がない、的外れなことを言うタイプの人が多用する場合も。まずは聞く努力をして、まとめてから返す



「何度も申しますように」に関しては、いい加減堪忍袋の緒が切れた相手に対しては口癖でなく、あえて攻撃用の弾丸に使ってしまうことがあります(笑


   

多分ネコには“ビミョー”なんて皆無で、いつもマジですなw
目からビーム出してるし

こんなに気分が乗らないなんてw [(^_^;)]

AMAZON.co.jpにてCDを一枚買ったのです

アマゾンてカートに入れたものを“今は買わない”って言うキープ状態に出来るじゃないですか、で、後日カートを開くとカートに入れた時と値段が変化した時に○○がカートに入れた時より××円上がったとか下がったとか教えてくれる親切な機能がありますね。
それ開いた時、キープ状態にしていたCDが下がっていた(2100円→840円!)のでこれは買っとくかっ、て注文しました。


早速届きましたよ、早いねーアマゾン♪

それがこれ。

   

クリスマス・イン・ボッサ

クリスマスソングをボサノバアレンジにしたものです。
昨年のクリスマスのころ、買おうかなーと思ったけれど結局買わずにいたのが、季節外れに840円w

クリスマス気分がまたやってくるのかぁ
かけてみました聞いてみました



。。。乗らないね~、気分が
見事に(笑
2月にクリスマスソングがこんなに合わないものなんて。


10ヵ月後にはまたやってくる今年のクリスマス♪の時期には活躍してくれることでしょう。
その時期までケースの中でオヤスミ


15日にアマゾン見たら、値段が元の2100円に戻ってました
こういうのって妙に嬉しい庶民心理?(笑

サーフィンするねこ? [(^_^;)]

ペルーにサーフィンをするねこが現れたらしいですが、強引に乗せられているだけじゃないかい?w

   

ボードの前に真剣な表情で見事にちょこんと乗っていますが、海水が無ければとっとと降りてしまいそう
ほとんどのねこは基本的に水で濡れたりするの嫌いだろうし。

動物愛護団体からクレームがきたりして。

記事は→こちら

他にも画像あります。

鳥肌物 [(^_^;)]

先日明かりを落とした部屋で何気にデジタルカメラのシャッターを切ったら、オーブが写りました。
自分の部屋で写るのは初めてだったので、Oh!びっくり
その後も何度かシャッターを切ってみたらもう一度写りました。
そこにいたのね

なんて話を知り合いにしたら、その知り合い、心霊写真な可能性が高い写真をいつも持ち歩いているというので、会った時に見せてもらいました。

それはその人の幼き頃のモノクロ写真で、本人が住宅街の雪道を歩いているその右側後方の塀の上に小さいけれど男の人だと思われる顔がはっきりと写っていました
塀の下は切れていて、もしそこに人が立っていたら、足も写るはずなのに、無い
それに結構高そうな塀なので、ジャイアント馬場とかチェ・ホンマン位の身長じゃないとあんなふうに顔出せそうに無いのです。

本人の親戚など関係者にそんな人がいないか聞いてみたそうですが該当者はいなかったそうです。

なんとも鳥肌物でございました

五郎さん、ホンコワホンコワ♪


 暗い中、しろは何を見つめるのか。。。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。